院長ブログ

2021年新春歌会始の儀題

2021年新春歌会始の儀題が「実」である。

そもそも「実(じつ)」とは何か?と問いを立てたとして、なんと回答すればよいのか。

確信を持って、これが実際に在る真実であると証明でき得る物などないのである。普遍的なる真理などあるはずもない。万物は流転し形を変えて動いて行くものである。
ある時は、実にあり、ある時は虚になりながら、虚実空間の中で物事はダイナミックに動いている。自然は形を変えながら調和と安定を求めて絶えず動く動的な世界である。

写真はフォトグラファーの心象風景が写し出された虚実皮膜的なアートであり、決して「実」ではないと思われる。
自然を写すのではなく、自然がフォトグラファーの世界を映し出している様に見える。

医療法人 上野病院
院長 長井 啓介

排泄ケアの見直しで患者さまのQOL向上を実現!上野病院